ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

ドミニカ

f:id:knnl-ai:20171201001335j:imagef:id:knnl-ai:20171201001248j:image波よ聞いてくれ」の「VOYAGER」のモデルのスープカレー店「ドミニカ」に行ってきたよ〜〜。

 

地図見ながらこの辺なんだ?

と思っていたら数年間割と通ってるBEAMSビルのすぐ側。

こ、ここかーい! って。

f:id:knnl-ai:20171201001102j:image

f:id:knnl-ai:20171201001332j:image

 f:id:knnl-ai:20171201000709j:image

 

スープカレー、恐らく初めてだったので、別盛りに少し動揺する…。

 

けどスープを一口、ターメリックライスをスープに沈めて一口食べて、この澄んだスープカレーの味を乱さず、しっかりと炊いたターメリックライスの食感を損なわないための別盛りか……! と納得。

 

丁寧な味のつくり、メインを張る出汁の味、際立つ野菜たちの食感と香りが薬膳っぽいなあー、と思っていたら帰りにまじまじと見た看板に書いてありました。

f:id:knnl-ai:20171201001314j:image

 

風邪っぴき後だったので最高だった。

スープカレーもっと食べたいなあと思いました。

 

 f:id:knnl-ai:20171201000815j:image

入り口付近、波よ聞いてくれ全巻。

丁々発止の店員さんはいませんでしたが「漫画の舞台になったお店」の想像以上にめちゃめちゃおいしかったです。最高。

また行きます〜〜

 

【展示告知】2017/12/2〜12/22タツコン2017 @愛知県尾張旭ギャラリー龍屋

f:id:knnl-ai:20171130231342j:image

 f:id:knnl-ai:20171130231358j:image

【展示告知】
タツヤアートコンペティション2017(タツコン2017)
2017/12/2〜12/22
愛知県尾張旭・ギャラリー龍屋
詳細
t2y.info/tatsucon2017

‪No.146
http://www.t2y.info/tatsucon02/7170.html

来月からの展示です。
精魂使い倒してめちゃ良い画面になりました。
テーマ「運」で参加者が皆作品を作り、

投票形式のコンペティションとなっておりますので何卒よろしくお願いします。

 

 

---
元気です。
ばたついていてめっきり制作出来ておりませんので、久々の展示。

珍しくアクリルでくま描いたし、めちゃめちゃ良い仕上がりに…。
「平面は立体!!!」の気持ちでマチエール積んだのでパネル側面もがっちり手入ってます。何よりほんとうに色がきれいだから、是非肉眼で見て欲しい…。
県外の方も来月愛知観光兼ねて是非…あんまり詳しくないけどおいしかったものおすすめするので訊いてください。

作品ちらみせ。
旧来の描写から一歩抜け出れてとても良かった…!
またじわ〜っと制作再開できればと思います。
しかし本当に良い画面になった…よろしくおねがいします〜〜!

 生で見て欲しいし、なんならお迎えして四季の光で見て欲しい。

 f:id:knnl-ai:20171130231110j:image

f:id:knnl-ai:20171130231206j:image

ちらみせ。

くまの絵の具カラー作品は珍しいです。良い色になったなあ…!

遠からず全体も公開しますね。

 

運、

それに絡めた所感も担当No.のページ掲載情報として送っております。

運、これだよね〜〜というのが生きて色々やってきた実感として強くあり、ぎりぎりまで悩み倒した前回のテーマ「時」(http://knnl-ai.hateblo.jp/entry/2016/12/27/003413)よりわりと早々に決まっておりました(構図とどこまで拡張するかはぎりぎりまで悩んだので制作時間はさして変わってませんが)。

 

本当に実際の他の方々の「運」と見比べて頂きたい展示です。

 

よろしくお願いします!

 

 

【ライブアート】2017/10/9「灯りと音楽、彩るアート」@埼玉・国営武蔵丘陵森林公園

f:id:knnl-ai:20171010203359j:image

2017/10/9「灯りと音楽、彩るアート」@埼玉・国営武蔵丘陵森林公園

180×180cmコットン
アクリルガッシュリキテックス
ステージ演奏及び制作時間:1時間半

 

f:id:knnl-ai:20171010203649j:image

 f:id:knnl-ai:20171010203704j:image

森林公園での「灯りと音楽、彩るアート」第一回無事に終了致しました!

 

 

森林公園、初めて行った(隣駅のつきのわには好きな美術館があって3回くらい行ったことある)。


距離あったけどとても気持ちの良いところで、
描いてても普通に過ごしていても楽しかったし行けて良かった〜〜!

大きい絵の具の絵も、
屋外でのアートイベントも実に一年ぶりだったのだけど、とてもたのしかった。

 

それこそこの一年くらい身の回りのことでばたついていて、最近やっとちょこちょこ描き始めてられているからタイミングも良かった!
というか例年を見ると秋〜冬が一番活発化してる。

 

 

絵は暫く森林公園内に飾られるとのことで、
また設置場所などわかったらお知らせします。

 

 

イベント「灯りと音楽、彩るアート」に関しては、演者・描き手を変えて毎週するらしいので、主催の代々木原シゲル、ケイソウル ヤン あたりをチェックして遊びに行ってみてください。
私も行けるといいな…。


ありがとうございましたー!

 

f:id:knnl-ai:20171010203733j:image

【ライブアート告知】2017/10/9(月)「灯りと音楽、彩るアート」@埼玉・森林公園

こんばんは!

お久しぶりです。

 

明日体育の日、埼玉にてライブアートイベント参加します。

2m×2mの大作になりますので是非観にいらしてください〜〜!

 

よろしくお願いします。

 

---

 

「灯りと音楽、彩るアート」

国営武蔵丘陵森林公園フォレストコーンサート
produce by 代々木原シゲル

日本一周祭り「GO AROUND JAPAN」オーガナイザー代々木原シゲルが仕掛ける森林公園イルミネーションと音楽とアートのコラボレーション。気持ちよくて溶けてしまいたくなるような音楽と、立ち止まらずにはいられない違和感なアートが30万球を越えるイルミネーションを盛り上げます。

 

 

日時:10月9日(月祝)18:00〜19:30
※雨天時は施設内にて14:00〜15:30に開催

出演:中田真由美(singer-songwriter)&村木充(contrabass)/k:soul:y a.k.a YAN(live-art)/ai(live-art)

入園料:大人(高校生以上)410円/シルバー(65歳以上)210円/小人(小・中学生)80円/お身体の不自由な方は無料でご入場できます。

イベントの性質上、ミュージックチャージというものは徴収していません。ステージ付近ではCDやグッズの他にイベント記念品を皆様のお気持ちの金額(1000円〜)で販売をしています。ここで集まったお金をイベント運営費として集めています。

 

---

 

おたのしみに!

2017/7/15 「絵描きたちのライブハウス」

f:id:knnl-ai:20170717134356j:image

 

2017/7/15
ライブアートイベント
絵描きたちのライブハウス@神楽坂Loose

 

無事終了しました!

 

f:id:knnl-ai:20170717134436j:image

 

秋ぶりの人前で描く活動でしたが気持ち良く描かせて頂きました。
その日に思いついた「途中で紙を折る」のをやってみたのですが、ペンで描くライブドローイングをする身の上では非常に相性が良かったのでやって良かったです。またやってみます。

 

[経過]

f:id:knnl-ai:20170717134502j:image

 

 

 

f:id:knnl-ai:20170717134534j:image

 

 

 

三人並びの制作で、最後は投票で順位を決めるシステムだったのですが、一位を頂きました!
ご来場の皆様ありがとうございました!

 

f:id:knnl-ai:20170717134619j:image

 

左:完成作品(上部トリミング)

右:完成作品の折ってた部分を下ろしたもの(上部トリミング)

 

ライブペイント 絵の具を使って描く〝paint〟するライブパフォーマンス。絵の具使用の人が多い為一般的に呼ばれている。
ライブドローイング ペン等を使って描画〝draw〟するライブパフォーマンス。私はこれが多いです。
ライブアート ライブペイント・ライブドローイングを含め、「絵描きたちのライブハウス」主催のYANが定着させようとしている、より広い美術系パフォーマンスの呼称。

…という感じなのですが、ライブアートって「コンテンツの一つ」のシーンは音楽の場でも美術の場でもたくさんありますが、「それをずっとみ続ける」ってイベントは新しいなあと見る側・描く側で参加して感じました。
4部に分けて制作を展開することでただ完成まで描くだけでないエンターテイメント性の希求があって、見る側にとっても新しいその感覚を広げていこうとするイベントなので、今後も応援しております。

 

 

また絵描きたちのライブハウスでの参加もしますので、皆様よろしくお願い致します。

たのしかったー!

良い夜でした!

また!

 

 

f:id:knnl-ai:20170717135040j:image

今回初出のクリアファイルと眼鏡拭き。またなにかで出るときは持ってきます。

 

壺を叩いてきました。

 

 

f:id:knnl-ai:20170609010325j:image

 

 

Twitterで多分随分前から相互な話したことはなかった人が主催している「へんてこ楽器遊会」というイベントに行ってきました。なんと50回目だそうで! 何回か前に知って面白そうだなーと思っていたのでした。

 

壺。

 

f:id:knnl-ai:20170609010647j:image

 

「ガタム」という南インドの伝統楽器で、「太鼓」に属するそうです。枠に膜状のものを張ったものだけが太鼓じゃないんだね…!

見た目も触り心地も素材も完全に素焼きの壺なのですが、そして実際に叩き方を教えてもらうと分かるのですが、叩ける人が叩くと完全に「かっこいい楽器」…! 壺が…!!

 

叩き方を教えてもらって叩いてきたのですが、ある手が骨を打ち付ける手でめちゃめちゃ痛い。

でも鳴ると嬉しいのでやめられない(壺が、鳴るので。壺が…!)。

 

 f:id:knnl-ai:20170609014845j:image

これでも一部で本当にいろんな楽器があったのですが、途中からガタムに取り憑かれてしまいずっと壺を抱えて指を叩きつけてました。

 

新しい何かに夢中になる、というのが久しぶりな気がして「音が出ない」も「音を出そうとする」も「音が出る」も本当に気持ち良かった。夢中。

 

あとこれは良質な新体験の度毎度思うのですが、人を何かに導くのがうまい人は教えるのが上手いし、教えるのがうまい人は褒めるのがとても上手い。

明言化して、どんどん褒めてくれるので、楽しさが増してもっと出来るようになりたくなる。

それではまったものがいくつか…あります…。褒め上手は鬼火だしジャック・オ・ランタン……。凄い…。

 

楽器がいっぱいある集まりって相対的に演奏が上手な人が集まりがちで、それによって指向性がテクニカルになるので、

とろくて複数の早い動作こんがらがりがちな自分には引け目も幾分感じるイメージがあったのだけど、

そういう知っていた前例とは全然違う、ひたすら「音が鳴るってたのしい!」「これも楽器でたのしい!」という会で、しかも50回もやった上でその性質を保っている(行き着いた…?)のは大変稀有で素晴らしい会だなあと思いました…。行って良かった……。

人生で壺を叩くのが楽しい、もっと叩きたいと思う日が来るとは思わなかった。人生はユニーク…。。

 

しかも年間10日も着ないようなブラウンベースの色をたまたまメインカラーにしていた日に、素焼きの壺、ちょっと運命的ですらある。

 

良い夜でした。

f:id:knnl-ai:20170609012845j:image

 

 

 

中性的な人について

 

また久しぶりの更新です。

ハロー六月。

五月は風のようでした。

身辺でいろいろあったり、〝完璧〟なピクニックをしたりしました。

あっという間だったー。

 

最近立て続けに好みの人間に出逢うことがあったので、「中性的な人」について考えていました。

 

f:id:knnl-ai:20170601085800j:image

 

一目みた瞬間、「ああもう大好きだ」と思ってしまうような、好きな形質の人間たちがいる。

 

一番顕著なのは、短髪で小柄で骨張った華奢さの50代オーバーの女性。パンツスタイル多め。仕事ができる。お洒落のセンスが良い。もうだめ。すき。憧れる。

 

それは気が合ったり、長年培った情愛があったり、一緒にいて落ち着いたり、趣味や傾向が似寄りだったりすることとは全く別の部分で発生して、瞬く間に切り替わって固定される。

これはもう習性のようなものなので、「そういう人がすきなんだなあ」くらいにしか思っていなかったのだけれど、先述のような格好良い女性と知り合う機会のあった翌週、また別の男性に会い思考の引き金が引かれた。

 

凛々しい女性、フェミニンな男性。

もしかして、中性的な人に弱いのかもしれない。

 

ぼんやりとそんなことを考えながら眠りについて、なんでだろうというところに一つ答えが出た。

 

女性なら共感コミュニケーションと暗黙の読み合い優位、男性ならコミュニティ間地位の推し測りと同調の日々の中で(形が少し違うだけで殆ど同じようなものではある。領域を侵さないこと、突出を避けること)、

その姿を体現していること。

 

今はジェンダー関連の話も活発なので、今大人になってある程度経っている人に限定はされるけれど、自己形成過程のどこかで「女らしさ・男らしさ」について思い悩むことがきっとあったろう。それが無くすっと自己性を受け入れた人が大衆行動向きだと思っているのですが。

 

 

揺るがせにならない自我の示しに沿って、蓮が水場をサボテンが乾燥地帯を得るように、〝楽〟を求めること、

要求と圧力と無理解の善意に取り巻かれても尚足場を固めてきたこと、

骨格や脳のつくりをはじめとする自性の形質と身の回りの前例たちに逆らって、欲求と理想をのせていくこと、磨いていくこと、磨いていること、

そして解りやすい認知を超えて煌らかしさを顕していること。

 

そういう、受け入れ詰め込む器としての賢さではなく、悩み抜き自己を獲得した知性、

道を逸れるのではなく共存しながらも自分の足場を持ち得た研鑽と思考、

尚自分をうつくしくあろうとする姿勢と実行動、

言い募れば種々あるけれど、その逃げなかった歴史、欲求に従う智略にどのようにも争い難くうつくしくこのましく感じる。

 

まあ実際話を聞いたら「特に何も考えずこうなったよー?」ってこともあるのかもしれないけれど。

情愛や性愛を超えて中性的な人間良いなあめちゃめちゃすきだなあというお話でした。

すきなものの話はやっぱり力が入るなあ。

 

今日も良い日を。