読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

zootopia字幕とピクサー展と語る夜について

f:id:knnl-ai:20160427014054j:image
こんばんは。

今朝は何故か4時頃まで起きていて、本当に何故だろうね。眠たかったのにね。そしてベッドて眠って8:30頃にまた起床しました。なので一日眠たかった。


今朝は朝からたくさんの野菜をゆっくり摂れて、楽しみにたのしみにしていたzootopia字幕を公開から3日、やっと観られて、そして夏からずうっと心待ちにしていた東京都現代美術館MO+ピクサー展に行ってきました…!!!

春の野菜たち、製作者の意図通りの音のzootopia、ピクサー展半分、そして名古屋気鋭のギャラリストとのお話。
今日は本当に佳いものしか身に入れていない。すごい。

f:id:knnl-ai:20160427014124j:image

春の野菜たちは、

鍋炊きごはん
えのきと大根のスープ
サラダ(リーフレタス、きゅうり、トマト)(自家ドレ)
油揚げと水菜のおひたし(ぽん酢、黒胡椒)
辛子明太子
煎茶(熊本深蒸し茶

というメニューになって朝からしっかりゆっくりと贅沢な朝ごはん。あまり朝ゆっくりたくさんを食べられることはないからねえ。
春は旬のものが活き活きした彩りになってくる。嬉しいね。
お煎茶もおいしい。
  
f:id:knnl-ai:20160427014853j:image

zootopia字幕はもう、もう、待ってました…!
嬉しい…!
zootopiaはほんと、最高峰の表現集団の最高の表現なので2回なんかじゃ全然見足りない…
評判の良いビジュアルガイドも買って一通り読んでから行ったのだけど、ニックの服装デザイン、ジュディの瞳、隠れミッキー、一度観た上でのキャラクターの振る舞い、ズートピア各エリアの驚きに満ちた美しさを観ていたら本当にあっという間で、淋しいくらいだった。
字幕だからやっと意味の通じる箇所もいくらかあって、でも吹替故に最高にキャラクターを魅せていた箇所もあったので、本当に幾度も見応えのある作品だなあと思いました。近々また行きますね。


そして、そう、ピクサー展。
これは夏に日本科学未来館ポケモン展に行った時にフライヤーをみて、そのときからずっとずっと気になって心待ちにしていた展示で、きっと何度も行くだろうと思ったのですが案の定一度では全然観きれなかったのでまた行きます。2時間かけて半分もみられなかった。
すばらしい展示を集中してみていると、心身ともにものすごく疲弊するし、脳内の処理が追いつかないのですが、一度きにみることでの感慨というのもあるのでバランスが難しいところです。
一階の9割しかみられなかったので、次は3階をじっくりゆっくりみようと思います。5月の課題。


今日は元々、名古屋気鋭のギャラリー「龍屋」のオーナーより「ちょっと東京案内してよ〜」と仰せつかって軽くアテンドしてきました。
今一番推しの展示はピクサー展でしょ…! 
と興味が合致してピクサー展に。日本科学未来館のゲーム展も行きたいねえ。
ピクサー展、GW前の平日だからかさして混んでおらず子供が走り回ったりもしてなくて、存外静かにゆっくり観られました。
しかしピクサーの舞台裏を露わにする度合いが凄すぎて全然みていないです。一階と三階に展示が展開されているのですが、一階の9割しかみられなかった…!
きっとまた行きます。
やっぱり凄いなあ…。
結構観てない映画やうろ覚えの映画が多いのでちょっと予習復習してから行こう。
f:id:knnl-ai:20160427014030j:image


龍屋さんとはピクサー展ではまあそうなるよねという感じですが完全別行動がっつり入ってみれました。見応えのある展示は本当にしっかり魅入ってしまうので、しっかりみるタイプ別行動気にしない人だとありがたいね。
そして折角いらしてるし東京っぽいもので時間のかからないもの…と思って恵比寿猿田彦珈琲に行ってきました。朝から深夜までやっていて確実においしい珈琲屋さん。
喫茶店文化カフェ文化の名古屋人にも安心して紹介できる。
先日友人が飲んでいてそんなメニューあるんだー、と飲みたかった「洋梨生キャラメルラテ」 を飲んできました。おいしかった…!
フレーバーラテ本当においしいな、って思った記憶があまり無いのですが、流石のバランス感でものすごくおいしかったです。
やっぱりすきだわ…。
猿田彦フレンチを買ってきました。
最近お茶続きだったからおいしい家珈琲嬉しい。

f:id:knnl-ai:20160427013838j:image

f:id:knnl-ai:20160427014827j:image

そしていろいろお話をしてきたら、愛知のあるアートシーンの歴史を紐解くことになったり、これからに繋がるいろいろを考えさせられたり…してきました。
画家としての立場で人としっかり向き合って時間を使って話をするのはとても久しぶりだったのだけど、日々考えていることは膨大にあるので話すことは尽きない。
一番だいじなのに一番ないがしろにされてしまうこと に関して一生懸命な人とそれに関して話すのは、得難い。得難い。

きっとこうだとこれがと思って生きているけれど、それを自分だと思っているけれど、それに対して同じスタンスでいる人に出逢えることってそうないよ。

もうちょっと目に見える形で何かしようと思いました。
春だし。

すごい日だったな。
おやすみなさい!


f:id:knnl-ai:20160427014802j:image