読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

GOOD BYE APRILワンマン「ニューフォークロア」@渋谷WWW

365 music だいすきなもの 考えごと
f:id:knnl-ai:20160410222536j:image

GOOD BYE APRILワンマンライブ@渋谷WWW
「ニューフォークロア
行ってきました。


GOOD BYE APRILをちゃんと観るのは実ははじめて。
Menozと何度か対バンしてたらしいけど毎ライブずっとはいないからみたことがなくて、先日池袋タワレコのインストア版を30分みてみたくらい。
(4/29大阪のMenozとの対バン羨ましすぎる関西民よ………)


なんだろうないつも、「そのとき」のことは正確には把握できていなくて、思い返したり話したりすることで記憶は特定されて定着していくのだけど、
その場にいてライブを全身で心地良く感じながら、いろんなことを思い返すような、桜吹雪みたいにちらちら、記憶がよぎるような夜だった。誰かに思い出を話してるみたいに。


ニューフォークロア、というCDをはじめて聴いたとき、あんまりすっと自分の日々に入ってくる音楽で驚いた。
休日の朝から流して家のことをしていたり、連絡を返したりするような、
色んな場所と日々の出来事を共にしたお気に入りの白いシャツのような、
毎日飲むけれどちょっとずつ香り立ちと出かたの違うお茶のような。

せり出してくるような強引や、抜群に目を引く色味や、特別を歌う主張や、技術を誇る特異はなくて、
とっても素敵なのに、意識しないと目に留まらないくらいの自然で、耳を澄ませてやっと気がつくせせらぎの音や、木の葉の美しさの音楽だった。

観に行くライブで聴く種類の音楽の大体が、主張や個性を歌う中で、
だれでもありうる自然なこと、
そしてただ分かりやすく尖らせることよりも、気づかないくらいの洗練がいちばん時間も手間も意志も必要(なのは絵も音楽も日々の所作も変わらないと思う)なことも知っているので、ああ今まさにつくられているこういう音楽を聴けるのだなあと嬉しく思った。


原っぱで寝転がって、風の感触や流れる雲の変遷に感嘆して生きていることを気持ち良く思うようなライブだったよ。
とても良かった。
行って良かった。
激しさすらも丁寧で美しいのがGOOD BYE APRILなのね。


衣装かわいかった。
私パレードが呼んでる、がいちばんすきなのかも。
また行きます〜。
とりあえず4/29大阪行ける人が羨ましすぎる。

f:id:knnl-ai:20160410222612j:image



セットリスト

f:id:knnl-ai:20160411001329j:image