読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

2012/2/11 下北沢GARAGE CBB×Ch.共同企画!!“雲の上の宝箱〜第一話〜”感想

 
とってもすきなバンド(とりわけ身体よりも脳や思考や心や精神が欲するほう)をひとに紹介するのって苦手だ。
まったくのめりこんでしまうから気にかけることにちからをさかないし(聴いてるときホスト精神0になるということ)、そのひとが合わなかったときに「ごめん」なんて絶対言いたくないもの。
 
…ということで、ひとをMenozライブに連れてくことってそうないのですが(もしかしてはじめてかも)、
最も信頼できる友人のうちのひとり、精神言論を熱く交わせるひとを誘いに誘って3ヶ月ごしにタイミングが合い、連れていきました。
早めに逢って、お茶、ふらり、お茶、ごはん。
あれや これや お話。
四つ足の獣、手帳活用、びしびしくるトランプ、今日の予感、等々。炬燵。シマシマヤで買ったスコーンおいしかった。カフェは厳選ニ軒。だいすきな“家”と“和”。おいしくいただきました。ojiyan-cafeのbio-ojiyaも。新体感の味。卵たっぷり卵粥すごい。
  

開演20分前に、てこてこ歩いてはじめてのGARAGEに、つきましたよ!
 
 
以下感想! 
 

下北沢GARAGE@CBB×Ch.共同企画!!“雲の上の宝箱〜第一話〜” 


Menozセットリスト
 明日という名のイレイサー
 ウェザーリポート
 A・SO・BO
 アンセム
 僕らのナツ
 

な…なんやて…。
というかんじでしたね。イレイサーほんと久しぶりに聴いた!
 
一番最初出番のMenozなんてなかなかないからすごく新鮮。
かき回す!
開幕!
というかんじでしたー!
 
僕らのナツのライティングがめっちゃかっこよかった。
はじめてのGARAGEは、ちょっと変わった台形みたいなステージだった。定位置まんなか一番前でみたんだけど、もしやこれは左袖、ベース側から全体をみたほうが照明も全体も効果的にみえるんじゃないの…と気付いたのはCCBをそうやってみて、終わったあとだった。
A・SO・BOのはじまりは雲の足場で戯れるこども。
Menozってものを印象づける、みたいなイメージのセトリだった。
ざわざわ、というかんじ。会場ぎゅうぎゅう。 

アンセムを聴いたからかなにか、星のあつまりみたいだと思って、短めだけど今回はそんなまとめで。
久しぶりの曲を聴いたので、
ファンタジアはいつもながらもちろんなんだけど、バラードとかケモノとか、“現代”モノ聴きたくなっちゃった。笑


(ギター、ヴォーカル、キーボード、べース、ドラムの順に、)
てつさん→月。やわらかにはね返す光。「海」という名のたくさんのクレーター。考えること、考えさせること。馳せる先。
ひかるちゃん→北極星。真っ白な標。航海の慰めで、頼り。ポラリス。
やすともさん→アンタレス。赤い星。蠍の心臓。輝かしいものをはっすること、華やかであること。彩りの実存。
よしやさん→彗星。尾を引く青白い光。移動によって示されるもの。柔軟性(乖離性質)。狼のしっぽ。
ゆういちさん→木星。嵐、輪、数々の衛星。おおきいということのもつ歪まないゆがめられないちからみたいなもの。イオ、エウロパ、ガニメデ。ガリレオ。

ざくっ! としたかんじだった。未開の地層に力強くいれるシャベル。不規則不文律の光に潜む調和とうつくしい円。呼びかける宇宙。 
 
最後の茫然はいつものことで。
今日もごちそうさまでしたー! 
なんだか最近みんな口ずさむとき、おっきな口をあけて唄うのでたのしそうにみえるよ^^ 

 

(COLD BAND BANK)

主催の企画ということで、オオトリラスボス、待ってましたー!
 
なんと今日は8曲? も聴けた。広い視点を感じる。色も視界も、おおきいおおきい。
高山民族みたいだって印象ははじめからだけど、つくづく風の、大気の音楽だなと思った。のびやかな音、空に抜ける振動。内包と解放。
 
彼らはそれぞれ、風みたいだと思ったのでこちらもイメージ・比喩で。
“Animalia”のあたまのフルート・ライヴアレンジがもーーー、べらぼうかっこよかった。  
 

(各楽器担当の方の名前まだわからないので、徐々に覚えられればいいなあ。これじゃあんまりだ。笑)
しゅんさん→鳥の乗る気流。大やかで素早く流れて行く視界。
キーボードのひと→森に抜ける風。ささめき、木漏れ日。
ギターのひと→海風。きらきらちらつく水面、寄せて返す潮力。
ベースのひと→熱帯雨林に廻る熱風。湿度と温度を孕むもの。
ドラムのひと→上昇気流。持ち上げる力のある、上に抜ける突風。
 
いろんな場所のいろんな風が、遥か高みで巨きな手に無造作に束ねられるイメージ。ただ状態としてある自然、それを視るひとで無い視点(鳥とか、幽体とかを連想させる、風をすべる大まかな空間視野)。 
たいへん気持ちようございました…はあ。
民族ベースのかっこいい現代アレンジって、他にあるのかしら?
民族音楽もすきなのでとってもツボ。
 
 
本日は精神のお洗濯! というかんじでした。清い渓谷の水でざぶざぶ。しかしGARAGE、混みこみで苦手だった…ううん。
 
 
 



予想通り、ものすごくきもち・かんじ・せいしん・こころ。そのあたりにびしびし! くる日でした。すごいな!
 
 
 
 
 
(13747)