読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

水瓶座の太陽/獅子座の満月

 
 
 
なんだか調子、悪。
なんなの…。
…と、最近思っていました。aiです。こんばんは。アドーブ・イラストレーター、ではありません。
ぬくぬく長風呂をして、パックしながら書いてます。めずらしい。もちもち。
白湯おいしい。
スープマグ一杯の白湯呑み終わる頃に、書き終えるでしょう。 
 
 
やたら繊細で悲観的で、心身だるくて、こんこんと眠る。
なんだかなあ、つかれてるのかな、どうした?
と自問していたのですが、今朝すっきり。
本日2/8、満月だそう! 
だからかー!
すっきりした!

ほとんど周期的に、気持ちの沈む時期があり、かつての私には不意の出来事のように思われてやきもきしていたのですが、
あるとき満月時期に(たいがい前)そうなる、ということが判ってからはそれはもうすっきりといたしました。
そうか満月。

 
今日はちょっととくべつなので、引用まとめしておこう。
星の運航からさまざまを読み解く、ホロスコープ、という占いはすきでチェックするのですが(統計学を翻訳者が読み取ってそれぞれの訳をしているように私にはみえる)(テレビや雑誌巻末の「星座占い!」とは別)、
そのなかでも文章と表現(「翻訳」)が秀逸でほとんど毎日Twitterでチェックする、石井ゆかりさんから↓

Twitter@ishiiyukari)
(2/7)
『今日の占い(2/7) 今日は獅子座の月。ジャスト満月は明日なんだけど、太陽の対岸の星座に入った段階で星占い的にはすでに満月モード。満月は文字通り「満ちる」タイミング。待ちに待ってたことの結果が出るとか、あるプロセスの最後の手順が完了するとか、そんな感じ』
『今回の満月は水星とぴたっと重なってるので、なんか若々しさや賑やかさが感じられる。水星はコミュニケーションとか交通、ビジネスなどを扱う星なので、そう言う方面でも「節目」的な、あるいは積み重ねて来たことが形になるような動きがあるかもしれない』
『満月界隈は、大事なこともある一方で、体調とか気分が不安定になる人もいるようだ。毎回書くんだけど、それは悪いことが起こってるとかじゃなくて単に「マンタンで揺れている」だけ、なんだと思う。車でも電車でも、角を曲がるときは揺れる。揺れるからといって、曲がること自体が悪いワケじゃない』*
『金星は明日の15:02までボイド。だけど魚座でディグニティ高いし、牡牛座の木星とミューチュアルリセプションになってるのであんまり気にならないかも。ともあれ、愛や財に関することで「思いどおり、予想通り」を求めすぎると肩すかしかも。いいものは遅れてくることもあるのさ』
『水瓶座は満を持して誰かに会う、という感じ。誰かとの関係が変わったりとか。』
 
(2/8)
『今日の占い(2/8) 今日は獅子座の月。朝7時前にジャスト満月。といっても一日獅子座に月がいるので、一日中満月満月してると思う。満月は「満ちる」タイミングで…ってのは7日の「今日の占い」と同じ。7日8日とそういう時間の中にいる』
『金星イングレスは午後3時。なので15時過ぎまでは愛と財に関してはふわふわしてるかもしれない。天秤座土星は逆行開始。ちょっと金星の動向が今日は特徴的だ。もしかするとあれだ、「おもいやり、気遣い」より、強引な、「こうしたいからそうしよう!」みたいなことのほうが、向いてるのかもしれない』
『水瓶座は引き続き、人と会う感じなんだけど、そこに新しいあたたかい声が加わる感じがする。話したいこと、聞きたいこと』
 
(週報)
『水瓶座 2012/2/6-2/12の空模様。
誰かとの関係を変えたいとか
コミュニケーションのあり方を変えたいとか
そんなふうに思っている人には
今週は、とても素敵なチャンスが訪れるのではないかと思います。
関わりの形、意思疎通の形、気持ちを伝えるやり方を
ガツンと変えることができそうなのです。
 
「こうしなければならないからそうする」
「今までのままではだめだからかえる」
というノリではなく、
「なんとなくそうしたいからそうする」とか
「たのしそうだからそうする」とか
「もっと甘えてしまうことにしよう」とか
そんな、なにかを緩めるような動機から、
この「意思疎通の形の変化」は、スタートしそうです』
 
 
…とTwitterで話していた別の方のブログより
http://ameblo.jp/bijotoyaju
  
(月)
『6日午後10時25分に、月が獅子座サインに入って、満月モード(水瓶座太陽と獅子座の月)になります。8日午前6時55分に獅子座18度で満月』
天王星で始まり、土星で〆るので、インパクトと高揚感の強い満月になりそうです』
『水瓶座生まれ(第7ハウスの満月)対話。出会い。相手に対する気持ちの変化』
 
(金星)
『8日午後3時2分に、金星は牡羊座サインに入ります。
金星にとって、牡羊座はデトリメントで、本来の穏やかさ、協調が失われてしまいます。
優しさよりも、熱意の金星と言えるでしょう。喜びをシェアするよりも、早く自分のものにしたい、という感じです。』
『牡羊座に入った金星は、早速、天王星コンジャンクションのオーブをつくります。ピークは2月10日。その後、金星は山羊座冥王星とスクエアをつくり、2月16日にピークになります。他力や無意識、アクシデントによる変化、変容、現状の破壊が進みそうです』
『人間関係や恋愛関係、あるいは、マーケットや金運に、突然の変化や、アクシデント、驚き、を反映する週末、週明けになりそうです。マーケットでは急落に注意が必要です』
『風の星座にはフォローの風が吹き、活動宮には厳しい場面があるかもしれません』(フォロー!)
『水瓶座生まれ(第3室の金星&天王星)ひと目惚れ。出会い。発見すること』
 
 
 
………
 
さっき、お湯からあがって浴槽を洗って、コンディショナーを流しているとき、
「あ、変わった」と思った。
ぐずぐずしてふがいなくてもどかしい気持ち、どこかにスイッチがはいって切り替わった。あまりにも鮮やかに覚えてる。こんなことははじめてだ。 
 
こうしてホロスコープの解釈など日々みていると「こういう視点や事例のものごともおこりうる」ということを気にかけて、視点や思考の習慣化をふせいでくれる。
「そこに気をつけて一日をすごしてみよう」(振り返ってみよう、というときもある)
というのは随分意識が変わるもの。
占いはコンパスだ。
「そういう」扉をみつけさせるもの。場所や扉そのものともちがう。事態に遭遇したときの鍵、ヒントにはなるかもしらん。
 
 
まあ なんだってこんな面倒な(たくさんの引用とか)をするかというと、先述のとおり、今日はとくべつな日で、一年のうちいちばん気にかかる日だから、という自分メモです。
22年前の、ちょうど今頃かな。私が生まれた。
生まれ日なのです。
既に、日が変わって一時間もしないうちに、私がとりわけ気にかける、だいじなひとふたり(どちらも獅子座!)から祝っていただいたので、幸福。今日はきっとすてきな日になるでしょう。
(獅子座は12星座を円に並べたときに水瓶座と真反対に位置する星座で、性質も真反対と評されることが多い。私がとびきり興味や心惹かれたりするひとに獅子座は多い)
(じゃないから仲悪いとかきらいとかすきになれないってことじゃありませんよ。メモね。)

こんな日に満月だなんて、うれしいな。今夜は月をみよう。朝もみれるといいな。
  
 
白湯もなくなったし。
パックも乾いてきた。

おやすみなさい。
みなさんも、佳いいちにちを。
 
 
 
 
  
(追記)
(世間知らずの若輩、身も世もなく小娘の私も、なんとか22年生きられました)
(関わったすべてのひとへ、ありがとう、とこれからもよろしく、を)
(佳い一年にいたします!)
(2012/2/8)
(13585)