読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

『ぴったり』

 

わ、9000いっとる。
ありがとうございます〜〜

 
アルファベッ展の告知くらいしかしてませんが、描いてます〜
いまもパネルに紙を張る作業を粛々と…嘘です RAFVEN聴きながらうきうきと進めていました〜
もう27日だよ…祖父の誕生日です。朝か夜電話しよう。
 
さくっと張り終えて他のことできるかと思いきや、あれも作品剥がそう、これも貼ろう、ここにもあった、なんて空パネル増やしてしまってました。
ロール紙いつのまにか、買ったときの1/2か1/3くらいになってる。
今日は紙を切ってサイズを合わせて水張りテープを用意するところまで。
DVDも読書も、今日はもうおあずけだ。
明日、どかんと張るぞ〜〜〜

 
張ってしまえばばんばん描ける。たのしみ。
描きたい絵があれやこれや^^*
今日完成した絵にも すてきな名前がつくといいなあ。まだぴったりが見つからないのです。 
 
  
願望と共鳴と分析と推察と 幸福の絵。
正反対で、よく似たもの。
ずっとつきあっていくやり方のうちのひとつ。
足がかりで、確認で、しるべで、たちかえる場所でもある。
良い色。
 
 

 
 
 
ぴったりってどこかに在って巡り逢うものなのか、
近しいものや好ましいものやプレーンなものからつくりあげていくものなのか、
どっちなんだろうって考えてた。

 


 
 
ゆっくりだったり嵐だったり、変化は必ずあって、諸行無常、千変万化、潮流、新陳代謝、螺旋…一秒だっておなじじゃない。
そのなかで、もうまったくびっくりするくらいに(!)しゃんとしたタイミングで示し合わせたみたいに(まるで嘘みたいに!)、凹凸の片割れや すっかり重なる同心円に、出逢ってしまうことも あるのかしら。
(書けばかくほど随分なミラクルのように思えてきた)
(でもやっぱり、だったら、)
ぴったりじゃないものの ズレとか 齟齬とか 認識や くせを 埋めていって研磨して提示しあってあたらしいものをいれて ぴったりにするのは ものすごく大変で、得難くて、かけがえなくて、時に凶器。だろうなあ。
 
 
 
ふむ。
ぴったり。
私はぴったりが 欲しいんだろうか?
ぴったりは特別とイクァールだろうか?

 
作品と その名前。
天気と その日の服装。
気分と 音楽。
CDと ジャケットデザイン。
食材と 味付け。
そういうものがぴったりなのは、望ましい。すばらしことだ。
 
 
ひととの場合は 天啓よりも 歪がちょっといとしくて 笑って疲れて泣いて怒って手繋いで ごはん食べてお酒のんでお茶して いつのまにかのぴったりが たいせつ だろうなあ。
ふっふ^^

 
たのしいねー! 
ちょっとずつ齟齬を埋めてくの。違和感も 新風で 面白いねってわらう。
 
奇跡は出逢いだけで あとは意志が ぴったりをつくる
ってぇのは随分 いなせだね! すばらしい! 
 
ぴったり◎
かわいい語感。ここに十全がつまってるなんて!^^






 
今日はパエリアでした(・・*)
パエリアマスターする!^^




今日もすてきな日だったっ
うれしい!
たのしーー!
おつかれさまでしたー!
 
明日もきらっきらだね!^^