読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

パーフェクト・エッヂ

 
 
丸が 容易で 幼稚で 安易で 安直で 万全で 好かなかった。 


アンダカの怪造学〈6〉飛べない蝶々の鳥かご迷路 (角川スニーカー文庫)
 

日日日(あきら)さんの本。
アンダカのこの巻に『王球(パーフェクト・エッヂ)』てのが 出てくる。

完全なる鋭利。 
作中のパーフェクト・エッヂの姿は完全な球体。
真円(球)がしんじつの鋭さ。 
 
 
 
それらしいものをそれらしくつかうこと がやっとすこぅしできるようになったのかもしれない。 
 
知らなかった自分を知れたんだ。 
掘り下げて解体するにはつらいけど 筆に任せることはできた。 
ぐらぐら。 
  
 

2009年のコーサ・ドルチェ。
ドライマンゴーにクリームチーズ、黒胡椒。 
壁にクラフト紙、マーカーと暗闇で踊る。
私の深淵。 
深夜の部屋。
自由と不自由、自我と世界の同一と同化と矮小と。
蝋燭。1/Fの揺らぎ。ピンクノイズ。 
 
 


 
 


これが良い
あれが嫌だ
君がすきだ
それは嘘だ
私はなんだ 
 
 
そう喚くしか術がないんだ いまは
 
 
いまは 今は ってすがっても いつかがあるかわからないから 安寧も安心も安堵も安楽もこわいんだ。いつか なんて 絶対じゃない。 
 
 

丸。
 
内包なのか 閉鎖なのか 全体なのか 側面なのか 得体のしれないものを きっと描いてる。 
丸。 
 
 
 ◎