読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

『女なんて案外安上がりでね、惚れたお人のそばにいられりゃ十分幸せなんですよ』

『刀圭』読み終えた。
江戸の人々って魅力的だ。
タイトルは引用。



これは終わってるのか? まだ続きの、道程なのか?
 
終わってるなら それはもうページが繰られないほんとうの最後なのか、章の終わりなのか、連作の中途なのか。
続いてるなら いまどのあたりなの。ハッピーエンドが良いけれど、こうふくは最後だけでなく、長い方が良い。



ケ・セラセラの詩が頭に反響する

『墜落、墜落

 この期に及んで』


あんまり 崇高なものじゃないんだ

メッセージなんてどこにもなくって、同じくらいのエゴイシズムで叫んでる。


絵を描いている。
本を読んでいる。
鯖と茸を買った。
眠る。起きる。


かなしいことは あんまりいらない。
うとましく思うのは すきじゃない。
くるしさなんか 勿論きらいだ。

『落ちる。そこには多少の時間の経過がうかがえる。落下の時間が。だが、高速化して考えることもできる。落ちる一、二秒を。カチッ』
(アリス・マンロー/「小説のように」)







いつか笑うように、淡々。坦々。眈々。
ある種の麦ふみだ。 



マイブーム、掃除。