読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここで見たこと

絵描きのなんでもない日々です。トウキョー周辺。

さくら咲く、さくら舞う、さくら散る

今週のお題「桜」


最近の考えごと。

わたしの『さくら』ってなんだろう。

 
溢れかえる、『さくら』って名前の曲。
普段花を愛でない人も、浮き足立つ季節。
遠く蕾だけの枝が、薄紅に霞む様子から、最後の一輪まで名残惜しまれる花。
 
 



なんでもない、つまらない地面が、桜が散るとそれだけで絵になる。
非現実。水玉。はなびら点描。
つむじ風とはなびら。


日本人は行雲流水や諸行無常って昔から言ってるけど
噴水よりも池や鹿おどしの民族だけれど
桜も 植物という性質より、流動体のような 流れ行く姿が心奪っているんじゃないかな。
 
きっとかぎりなく いきものに近いんだ。
 
桜、その一文字だけであでやかでしめやかで気配があるし、
絶対の群像のその姿は 白でも 桃でも 赤でも ないし。


さくら。動くもの。変わるもの。